YANLOG
それ以上でもそれ以下でもない中級ガンプラモデラー「YAN」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジオンの旗の下に・・・!ザクⅡ Ver.2.0完結編 No.10
 J型ザク、ようやく完成しました!
zaku2.ver2.0-27.jpg

 ザクを撮影中、ヒートホークが未塗装である事が発覚!とりあえず、イメージ優先で装備し、僕が完成品ギャラリー公開時によくやる先頭ページのトップ絵として採用。まぁ、今回の先頭画像はいわゆる“ボツ”画像です(笑)

 とりあえず、いつものように「続きを読む」にてギャラリー公開してます。
zaku2.ver2.0-17.jpg

zaku2.ver2.0-18.jpg


zaku2.ver2.0-19.jpg

zaku2.ver2.0-20.jpg


zaku2.ver2.0-21.jpg

zaku2.ver2.0-22.jpg


zaku2.ver2.0-23.jpg

zaku2.ver2.0-24.jpg


zaku2.ver2.0-25.jpg

zaku2.ver2.0-26.jpg


J型ザクのカラーレシピは以下の通りです。胸部・肩部はフィニッシャーズ、間接部はクレオスのラッカー系塗料を使用。残りはガイアカラーで基本塗装を行っています。

腕・脚部:ドゥンケルゲルプ(1)+Pホワイト
胴体:オキサイドレッド+Pホワイト→Nブラウン+Ex-ブラック+Pホワイト
肩部オレンジ等:ピュアオレンジ
胸部:カーボンブラックマット
間接部:ガンダムカラー・グレー(24)
武装類:ドゥンケルグラウ(ジャーマングレー)

 色鮮やかな発色で塗装し、仕上げる傾向が強いガンプラにおいて、あえて時代逆行するかのごとく、ショルダーアーマーの鋳造表現、基本塗装後のウォッシングやパステルによるウェザリングで仕上げた今回のJ型ザク。チョット照明が強すぎて、汚し部分が見え難くなってしまっていますが、くど過ぎない汚し表現が出来たと思います。

 パステルによる汚し表現は、パステルを粉末にして筆で汚しが表現できるお手軽手法と思われがちですが、作業中に素手で触った部分の指紋がパステルを擦り付ける事でクッキリ浮かび上がってきたりしてしまい、塗装したてのパーツを素手で触って、塗膜に指紋が付いてしまったような状態になります。

 見た目は汚い感じに見えるウェザリング仕立ての模型は、場合によっては現在主流の発色塗装よりも難しい表現であるというのを今回のJ型ザクを製作する過程で、改めて実感できました、

 まぁ、今後MGで量産型ザクを作ることがあれば、ノーマルの緑色で仕上げたいですかねぇ。次出るとしたら、F型のVer.2.0なわけですが、希望としては、ザク・マインレイヤーに換装する為のマインレイヤーパック同梱だったら即買いですねぇ。

←清きクリックをお願いします!
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
YANさん
完成、おめでとうございます。
前にも申し上げた通り、兵器感がプンプンするZAKU、
素晴らしいですね。
オリジナル塗装(特にオレンジショルダー)もかっこいいです!

お疲れ様でした。
2007/08/21 (火) 12:00:18 | URL | POON #1yB7PyZM[ 編集]
コメントどうもです
POONさん、コメントどうもです。

 塗装に取り組んだ時は、思った色が出るか心配でしたが、それなりに似合った感じになって良かったです。

 僕がウェザリングすると、歯止めが効かずに失敗してとんでもない事になることが多いので、間近で見て汚し表現があるとわかる程度のライトな表現に留めてみました。

 次にまた同じような仕上げをすることとなったら、このザクを教訓に、もう少しパンチの効いた作品を制作したいです。
 
2007/08/21 (火) 20:24:03 | URL | YAN #j9g3P57.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 YANLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。