YANLOG
それ以上でもそれ以下でもない中級ガンプラモデラー「YAN」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンプラ フォーミュラー計画 No.7(改訂版)
 F91の外装パーツのペーパー処理は何とか終了、まだ処理していないフレームの方が終われば一通りの表面処理は終了します。

 一応、ヴェスバーの塗装を円滑に行うために、グリップの受け軸に逆ハの字に切込みを入れる後ハメ加工を施しました。

 まだ若干のディテール調整があるかもしれませんが、今の所はF91の塗装時の色合いをどうするかを考えてます。最初は白の部分のみパール塗装という路線でしたが、全体的にアイボリーの効いた塗装もF91のイメージに合っているような気模するし・・・。んーん、どうしましょう?

f91-6.jpg

ちなみにヴェスバーグリップの逆ハの字カットはコレ位が強度を維持して後ハメできる限界です。

←清きクリックをお願いします!
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
YANさんどうも~。
カラーリングですが、
私の塗装のやり方でしたら中間層にアイボリーを塗って一番上にパールホワイトを軽く吹きます。
名付けて「アイボリーパール」ってのはどうでしょう。
では~。
2006/08/15 (火) 20:12:04 | URL | mak #QMnOeBKU[ 編集]
コメントどうもです
 makさん、コメントどうもです。

 アイボリーの効いたホワイトにパールを軽く乗せる「アイボリーパール」、確かにコレで仕上げるのも一つの手ですね。

 ただ、塗料に当てる費用が最近無いんで、残念ながらパールでコーティングなしの可能性が高くなりました。

 余裕があればmakさんの案でいきたいんですけどねぇ・・・。
2006/08/15 (火) 23:47:02 | URL | YAN #j9g3P57.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 YANLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。