YANLOG
それ以上でもそれ以下でもない中級ガンプラモデラー「YAN」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白き一角獣 MGユニコーンガンダム編No.02
最速で破損してしまった一角獣の角がバンダイ静岡相談センターさんのいつもながら迅速な対応で部品が到着!ようやくうちのユニコーンもデストロイモード発動です!
laplus06.jpg

デストロイモードにするために、キットの説明書4ページにわたる変形手順を眺めながら作業していくと、コレがユニコーンモード時のユニコーンと同一機種とは思えない状態に変化する様は、まさに今回のキットコンセプトの「変身」をよく表現している点は感服モノ。

んで、話は変わりますが、前々から興味のあった材料を調達。
holgramseal.jpg

手作りルアー等のルアーメイクに利用されるオーロラ柄のホログラムシート。釣具店に行けば大抵置かれている物です。

本来は作ったルアーに貼った上で、シートの段差を無くして強固に定着させるためにウレタンにどぶ付けコーティングされてしまうので、ルアーのアピール力を高める下地のような存在ですが、シート自身は薄くて強い接着性のあるシールなので、ガンプラではラピーテープに代わる利用法ができるのではないかと。
laplus07.jpg

試験的にユニコーンの目に貼り付けした状態。ちょっと光量が足らなくて画像ではうっすらオーロラに・・・。orz シートが無地(シルバー)なので、白く見えてますが、コレはクリアーカラーを薄く吹けばイケそうですが、とりあえず今一番完成しそうなエクシアの作業に取りかからないと・・・。

←清きクリックをお願いします!
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

白き一角獣 MGユニコーンガンダム編No.01
実の所、本体・武器含め、MGユニコーンの素組は完了しております。
laplus03.jpg

キットの種類問わず、僕がキットを組む際には組み立て後の分解が容易なように、接続ピンを短く切り詰めながら組むというのを繰り返しての作業なので、キットを形にするには結構時間がかかります。

ユニコーンはF91やX1で採用されたABS同士で接続する「ポリキャップレス」構造による可動方式を採用しています。かつてMG F91の初期ロットを組んだことのある人なら解ると思うのですが、パーツ同士の接合があまりにも硬くて(特に膝カバー)外す際に破損したという話は多々ありました。

そんな経験があるので、このユニコーンでもいざという時には接続ピン全部切り落とす覚悟をしていたわけですが(笑)、以外にも切り落としたピンの数は胸部の装甲部と一部フレームのピンを5~6ピン程で、案外接続が緩くなっていて分解はラクラク。
laplus04.jpg

サイコフレームの展開ギミックが集約されている為、脚部膝周りは最近のMGのものに比べれば可動範囲が非常に狭くなっていてポーズに制限が付きましたが、股関節部はF91系の球体可動なので、足自体は必要以上に股開き出来ます。
laplus05.jpg

股関節の可動を活かせば躍動的なポーズが可能ですが、それにはアクションベース等の導入と感じの良いポーズを付けられるセンスが必要かと。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

MG ユニコーンガンダム入手&アンテナが・・・。
laplus01.jpg

近くの模型店でクリスマスセールということで、通常価格の3割引でMG最新作、ユニコーンガンダムVer.Kaを入手!早速組み立てている時に事件は発生・・・。
laplus02.jpg

ハイ、折りました(涙)正確には言うと折ったんじゃなくて、アンテナの先端に付いていた余剰ピンと間違えて切り落としました。orz

気付いたときには既に遅く、プラモ作って久々に青ざめた瞬間が何とも・・・。最速のパーツ注文コースに御案内されましたよ。

まぁ、ユニコーンモード用の一本角パーツがあるので一応格好はつきますが、やはりガンダムに角無しだとモドキ扱いは必至。そろそろ各企業のお休みが近いので、今年中にパーツが届けば御の字かなぁ。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

1/100 ガンダムエクシア ガンダム・セブンソード編No.7
エクシアのGNソード&GNブレイド刀身部にテカテカのシルバー塗装を開始!という名目で、この間届いたガイアノーツの「Ex-シルバー」と、クリアーコート可能なメッキシルバーという事で、ついつい買ってしまったフィニッシャーズの「フォーミュラ・クローム」の試し吹きを実行!
exia13.jpg

予め、各パーツ下地にはガイアのEx-ブラックで艶のある状態にして、GNソードはフォーミュラ・クロームでGNブレイドはEx-シルバーを薄吹き。写真ではわかり難く、同じシルバーに見えがちですが、粒子の細かいEx-シルバーに対してフォーミュラ・クロームは粗い粒子がギラギラ輝く感じです。

フォーミュラ・クロームの商品説明にもあるように、塗った後に乾燥していくと段々と艶のあるクリアー層が浮き出てくるので、まるで最初からクリアーコートしたように見えます。コレならクリアーコートも従来のシルバーよりも粒子が流れにくい感じですねぇ~。久々に研ぎ出し処理を実行して刀身部を鏡面仕上げにするのもアリかなぁ。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

材料調達No.6
ガイアノーツ恒例の限定色販売において、今年の冬の特別色、クリスマスカラー蛍光レッド&蛍光グリーンセットが本日届きました。
new-material003.jpg

ガイアカラーは基本的に近くの取り扱い店舗で購入する事が多いので、本店ともいえるガイアノーツWEBショップでの購入は今回が初ですねぇ~。

クリスマスカラーのみだと送料が高く付くので、送料無料となる3500円以上をクリアする為に(笑)足りなくなっていたカラーを追加!
new-material001.jpg

new-material002.jpg


蛍光クリアーは紫外線対策の遮光ビンになった新タイプを購入するのは初めてです。Ex-シルバーは、前々から使ってみたかった色の一つで、インテリアカラーは何となく気分で、クリアーブラックは現在検討中のネタに使おうかと、残りの青毛色と栗毛色は限定色で割引がかかっていた上に残り少ない在庫だったからという理由で購入。特に使い道を見出していないで「限定・格安だから買う」という痛い弱点を今回の材料調達で露呈しております(笑)。
new-material004.jpg

最近気になっていたマテリアル「フィニッシュマスター」も購入。巷では結構使い心地が良いとの報告がありますが、実際はどうなんだろう?使うチャンスはいくらでもあるので、近い内に試すのが楽しみ!
←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

Gジェネスピリッツ&ガンダムエクシア ガンダム・セブンソード編No.6
 つい先日発売されたGジェネ最新作、SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ。最近はこのゲームに入り浸りで作業が進まず・・・。何よりも難しいんですよ。このゲーム・・・。

 個々のユニットの大きさがマップに反映されるサイズが設定されてるので、大型機になるほど武器射程の死角があったり、戦艦は砲撃が強力な分、小回りが利かず、回頭に1ターン消費する設定が追加されている等、過去のシリーズと比べると、難易度は高めです。

 まぁ、その分登場するユニットには、MSイグルーのゼーゴックやビグ・ラング、ハーモニー・オブ・ガンダムにて設定された機体やADVANCE OF Ζ系の機体など、華麗な戦闘アニメーションで豪華にユニット化しているので、見る価値はありますよ。
exia.12.jpg

 そんなGジェネをプレイしつつ、合間にエクシアの頬にスジ追加。

 エクシアの頬のダクト部分は細かい塗り分けがある箇所。キットの物をそのまま塗るには面積が小さく、マスキングでも塗り分けがキツイと判断。スジを彫ることで塗装時のはみ出しをスジの溝までに抑え、塗り終えたらスジ彫りにスミ入れする方法で行こうと思います。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

1/100 ガンダムエクシア ガンダム・セブンソード編No.5
 風邪は完全に回復し、ヤル気も取り戻したところで、手始めにエクシアの作業を再開。
exia.11.jpg

 1/100エクシアのキット最大の肉抜き部分があるリアアーマー。肉抜きにエポパテを充填し、硬化後に削って形を整えてスジ彫りでパネルラインを表現して、角にリベット風のモールドを追加。パネルラインの形状は、今月の電撃HMを参考にしてます。

 現段階だと、スジ彫りの線とリベット穴の位置に乱れがあるので、今後多少の修正が入りますが、ある程バランスの取れたベストな状態になりました。

 一応、フロントアーマーの肉抜きもエポパテで埋め、スジ彫りを追加してますが、パテとプラの境界線にスジを入れてパネル風の見せかけた物となっているので、画像は無し(本当は撮り忘れですw)

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 YANLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。