YANLOG
それ以上でもそれ以下でもない中級ガンプラモデラー「YAN」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジオンの旗の下に・・・!ザクⅡ Ver.2.0編 No.8
 昨日は量販店にて今月入荷された新作ガンダムデカールを購入!
zaku2.ver2.0-14.jpg

 一応、現在製作しているザクとゲルググ用には必需品かと思われるデカールのみ購入。最近はガンダムデカールを購入する度に使っては余り、買っては余りの繰り返しという悪循環状態です。(笑)

 後、製作がほとんど止まっていたJ型ザクですが、ようやくサフ吹きが完了!
zaku2.ver2.0-15.jpg

 今回は長い間作業が止まっていた分、表面処理は結構念入りに行い、グロス仕上げにする訳でもないのに、サフの段階で塗膜面はかなりツルツル状態に仕上がっています。後、右胸の淵にサフが乗ってないことに写真を見て気づきましたが、コレは後で処理しときます、

 後はデザートカラーの配色を考え、塗装してデカール・汚しを少々加えて完成!といきたいところですねぇ。

←清きクリックをお願いします!
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

ゲルググVer.2.0 素組み完了!
 昨日の内に、素組みは完成していたのですが、気力を使い果たして寝てしまっていたので、アップするのに時間がかかりました。
gelgoog.Ver.2.0-1.jpg

 購入当初、キットを見た一番の印象は、「箱がデカい!」って所で、中身も大柄な外装パーツのオンパレードで始まります。(笑)

 フレームから外装へパーツを装着していく過程で、前キットであるザクVer.2.0に通ずるモールドや機構が盛り込まれていて、ザクVer.2.0を作った人ならニヤリとする部分は多いですね。
 gelgoog.Ver.2.0-2.jpg

 ゲルググの数少ない専用武器であるビームライフル。前回のザクVer.2.0の装備群と違い、合わせ目が存在するパーツ構成になってますが、ディテールの完成度はかなり高く、ビームライフルの握り方も、劇中設定である2本指をトリガーにかける方式を採用。

 キット自身の可動範囲は、ザクVer.2.0には及ばないものの、「汎用性を捨て、対MS戦に特化した高性能機」としてみれば、十分なアクションポーズが取れるキットです。各部に施されたモールドは、好みが分かれるかもしれませんが、全体的に、レベルの高いキットだと思います。

 まぁ、ゲルググは当分素組みのまま、溜まったキットの完成を終えてから、本格的な製作に入りたいと思います。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

MG 101番目は デスティニーガンダム!
 先程、MG シャア専用ゲルググVer.2.0を購入して帰宅し、早速MG購入者特典DVDである「ROAD to 100」を視聴。MGシリーズ100体を一挙に紹介するコーナーにて、MG101番目のキットとして、「MG デスティニーガンダム」が正式に発表されました。

 巷では101番目になると噂されていたディスティニーですが、DVD媒体で正式発表とは・・・。恐るべし、バンダイ(笑)

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

ザクⅡS型 Ver.2.0 赤い彗星編 No.1
 MG ∀ガンダムの発売日が、8月9日の上旬発売になるようです。静岡ホビーショーでの発表時に、僕がバンダイの開発スタッフから話を聞いた時点で、金型は完成状態だと言っていたので、下旬発売は無いだろうなぁとは思っていましたが、こうも早くなるとは・・・。このままいくと、「積みプラ」という借金生活に陥りそうです。(笑)

 ちなみに、天候は相変わらず塗装に向かない状態が続いているため、未だにザクJ型は、サフ吹きすら終わってないです。(涙)

 んで、ただ天候回復を祈っていても、仕方が無いので、シャアザクの製作を再開!プラモプラスさんの「丸皿モールドA 5.0mm」と携帯電話にハデな装飾を施す「デコ電」などに用いるラインストーンを使用し、ザク用のモノアイを製作。
zaku2s.ver2.0-01.jpg

 メタルパーツと輝くレンズによる表現が、モノアイの精密感UPに貢献していますが、ただモノアイを換装しただけだと、キットのモノアイガードパーツを外す事となるので、画像ではわかり難いですが、実際に見た感じでは、ちょっとスカスカした感じになってしまいました。
zaku2s.ver2.0-02.jpg

zaku2s.ver2.0-03.jpg


 モノアイガードを再使用できるように、モノアイとの干渉部分を削り取り、首振りリンク機能に支障が無いように加工しました。モノアイガードのおかげで、奥行きが湾曲して見えるので、スカスカ感は解消されました。ちなみに、この改修は、そのまま製作中のJ型ザクにも応用できるので、同様の加工を施しておきましたが、完成手前のJ型の塗装はまだまだ先になりそうです・・・。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

ジオンの旗の下に・・・!ザクⅡ Ver.2.0編 No.7
 前回、砲身を3㎜の延長を施したマゼラトップ砲ですが、まだ少し物足りない気がしたので、砲身先端部を思い切って5㎜延長!
mazellatop.05.jpg

 結果的に、合計8㎜の延長によって、かなりハッタリの効いた武器となったと思います。ちなみに、延長加工した結果、マゼラトップ砲自体の全長が14cmとなり、15m級MSに迫る大きさとなりました。

 最近は、雨が降り続く関係で、塗装などはまったく手付かず状態です。今の僕の塗装環境では、塗装時でのカブリ現象は避けられないので、塗装はしばらくは我慢ですかねぇ・・・。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

ジオンの旗の下に・・・!ザクⅡ Ver.2.0編 No.6
 前回調達したマゼラトップ砲は、もうすぐ100体目となるMGシリーズの中で、現在までには初期のMGシャアザクにのみ付属しているわけですが、Ver.2.0となったザクに装備するには、マゼラトップ砲の砲身が短すぎる気がします。と言うことで、砲身を延長してみました!
mazellatop.04.jpg

 プラ板でとりあえず約3mm延長工作を行い、パーツの一部の肉抜きをパテ埋めして表面処理。延長工作する際は、砲身が曲がらないように、切った砲身の中ににプラ棒を差し込んでプラ棒を芯にした上で作業を行ったので、砲身が曲がらずに延長できたと思います。

 そういえば、延長工作のような作業は去年のハリソンF91製作以来なので、今年初の延長工作。最近のMGは「ココが気に入らない!」とかで大幅に形が変わる加工すること自体少なくなったので、素組みでも手軽にクオリティの高い模型製作が出来るようになりましたが、このままキットのクオリティが上がり続けていると、改造好きの模型ファンの場合、キットの粗探しで悩みそうな気がして、逆に製作の手軽さを通り越してストレスが溜まりそうな気がします。

←清きクリックをお願いします!

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 YANLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。